介護士の魅力とは?

「介護士のお仕事に興味はあるけど、魅力がないと続けられないような気がする…」という気持ちから、今一歩踏み出せないという方もおられるのではないでしょうか?
介護士の仕事の魅力として、以下のようなものが挙げられます。

1.利用者様・入居者様の一番近くにいる存在である
2.高齢者の方との関わりの中で大切なことを学べる機会が多い
3.未来が明るい

これらの魅力について一つずつご説明していきたいと思います。

【魅力1】利用者様・入居者様の一番近くにいる存在である

介護の現場にはさまざまな職業の方がおられますよね。 介護士はもちろん、看護師・医師・ケアマネ・理学療法士・言語聴覚士・作業療法士・栄養士・調理師などなど、とてもたくさんの方が連携をとりながら利用者様・入居者様を支えています。 その中でも、利用者様・入居者様の一番近くにいる存在が、介護士です。 利用者様・入居者様が嬉しい時も、何か嫌なことがあった時も、いつも一番近くにいるのは介護士なのです。 お風呂に入り気持ちよさそうにリラックスされているのを見て嬉しい気持ちになれるのは介護士ですし、ご自身で洋服の袖に片腕を通すことができるようになったのを見て一緒に喜べるのも介護士です。 日々の行動や言動を見て、何かを一番に感じ取ることができる存在でいられるというのは、とても魅力的ですよね。

【魅力2】高齢者の方との関わりの中で大切なことを学べる機会が多い

普段、家族や友人、上司などと話をしていて、デリカシーのない発言や人間性を疑ってしまうような嫌なことを言われることも、ゼロではないと思います。 人に対してどのように接すると人間関係がうまくいくのか、嫌な人がいた時にどんな風に対処すればいいのか、どのように気持ちをコントロールすればいいのか… 実はこのようなことも、高齢者の方々との関わりの中で見つけることができます。 入居者様・利用者様は、認知症の方も含めとても心優しく礼儀正しい方が多く、長年生きてこられた経験の中での人との関わり方がとてもお上手です。 とてもスケールの大きな話に聞こえるかもしれませんが、自分が生きていく上で、どのような心持で、どのような意識を持つべきなのか…そのようなことも学ぶ機会が多いお仕事だという点も、大きな魅力です。

【魅力3】未来が明るい

そして3つ目に、未来が明るいという点も大きな魅力です。 超高齢社会である日本では、介護士の働きや役割に一層注目が集まっています。 介護ロボット導入などで介護士の仕事がなくならないか不安…という方もおられるかもしれませんが、介護に人と人との関わりは欠かせません。 心のつながりも必要になるお仕事だからこそ、未来は明るいです。 高齢者の方々の生活をよりよいものにしたい、そして、未来の介護職をよりよくしたいという気持ちをもって、前向きに、魅力がたくさんある介護士への道を進まれるといいのではないでしょうか。

介護士の資格について相談したい方はこちらから