介護派遣はなぜ有利なの?

介護の現場で働く方法には、正職員やパート・アルバイトとして直接施設に雇用される働き方のほかに、介護派遣という形があります。
介護派遣は、派遣会社と雇用契約を結ぶ形になり、いろいろな介護施設へ期間を定めて派遣されるという働き方になります。

介護の業務内容は、施設の状況によって大きく変わります。このため、短い期間でいろいろな介護施設へ派遣されてスキルアップを図ることができます。

コロコロと施設を変える形だと職として不安定なのではないかと思われるかもしれませんが、派遣会社に雇用されている形になり、労働者派遣法の改正などで待遇も改善されつつあります。
サポートのしっかりした派遣会社であれば大きな差はないといわれています。

また、希望する時間帯や日数、勤務エリアなどの条件にあわせて派遣会社が施設を紹介してくれ、交渉も代行してくれるため、転職のたびに自力で職場を探し、面談などでの交渉を行わなければならない直接雇用よりストレスなく仕事に打ち込めるともいわれています。

よい条件の職場を紹介してもらうには?資格取得のメリット

介護派遣を選ぶ人が大きなメリットとしてよく挙げるのが「高時給だから」という理由です。
介護施設側からしても、社員の募集や面接採用、給与や社会保険などの煩雑な業務が減りますし、必要な期間に必要な人員を確保できるというメリットがありますから、多少高時給でもトータルで人件費にかかるコスト削減につながることもあり、積極的に活用できるわけです。

介護派遣の仕組みは、よい人材がよい職場に配置される相乗効果の関係をつくっているともいえます。
このシステムを積極的に活用し、条件のよい職場に就こうと考える場合は、ぜひ資格取得を検討しましょう。

介護派遣は未経験・無資格でも登録できますが、もっているスキルや技能が多ければ業務内容や時給も変わります。
また、介護の業界では資格がないと従事できない仕事がたくさんありますから、多くの資格があるほど紹介できる業種や施設も増え、理想的な働き方に近づくでしょう。

つまり、介護派遣は、より多くの経験を積み、資格を取得していると、より条件のよい職場を紹介してもらえるシステムになっているのです。

資格をもつとこんなメリットも!介護派遣をめいっぱい活用しよう

短期間や短時間で介護業務に携わりたい人や、希望する介護の職や業務に就きたい人、スキルを活かして高時給で働きたい人に向いている介護派遣を、より効果的に活用するため重要となる資格取得ですが、派遣先での条件を良くするだけがメリットではありません。

人と人とが関わる介護の資格を取得することにより、さまざまな領域の知識や技能、心構えを体系化させ、介護力を総合的に身につけていくことになります。
このため、介護に携わる者としての「見る目」が養われ、働き方だけでなく、人間としての関わり方や生き方そのものに対する見識も広がります。
ぜひ、資格取得を単なるツール獲得ではなく、視野を大きく広げるきっかけにして活用してほしいところです。

期間を区切りながら働くペースを自分で調整できる介護派遣は、こうした資格取得や学びを深める機会をつくりだしてステップアップを図るためにも有効活用できるといえます。
ひとつの機会として介護派遣のスタイルを検討してみるのもおすすめします。

クリエ福祉アカデミーの就職支援では、人材紹介のほか人材派遣事業も行っています。正社員やパート以外にも、更に柔軟な働き方が可能な介護派遣として働くこともできます。
また、クリエ福祉アカデミーでは資格も取得できるので、未経験から介護派遣として働く方にとっては、紹介してもらえる職場の幅が広がり就職にかなり有利になります。お仕事の悩みや不安を相談できる環境が整っているので安心してご就業いただけます。

介護士の資格について相談したい方はこちらから