介護職はハローワークの職業訓練を利用すべき?

仕事探しや転職先を探すために活用するハローワークですが、求人の紹介だけでなく、さまざまな就職支援を行っており、そのひとつに職業訓練があります。

ハローワークの職業訓練は、受講料が無料になったり、手当がついたり、収入などの状況によっては給付金がもらえたりします。
また、失業したばかりの場合は失業手当の給付制限期間が解除されるため、すぐに受講できればメリットが大きくなります。

職業訓練は、自治体だけでなく認可を受けた企業による講座もあり、いろいろ用意されています。
介護の分野では介護職員初任者研修があり、人気講座のひとつです。

無料で資格が取れて就職活動にも有利になる職業訓練ですが、不正受給を防止するため、受講できる条件が厳しくなっています。

ハローワークで資格取得するときに確認したいポイント

ハローワークの職業訓練で初任者研修の資格を取ろうと考えている場合、次のポイントを確認しておきましょう。

・受講するための条件があり、選考に時間がかかる
ハローワークに求職登録し、相談員と面談して就職の意思があることを示しておかないといけません。 また、過去1年以内に職業訓練を受けていると受講できません。 そのうえ、ハローワークによっては面接や筆記試験、志望動機などの作文が必要となるため、受講までに時間がかかります。

・テキスト代は有料
講座は無料ですが、テキスト代は実費を支払う必要があります。金額は地域によって異なります。

・定員があり、すぐに開始できないことがある
人気講座のため、応募人数が多いとなかなか受講できないことがあります。また逆に、定員割れの場合には開催されないこともあり、希望した講座を必ず受けられるとは限りません。

・受講日や受講期間が限定されている
初任者研修の受講期間が3カ月程度と決まっているところが多く、曜日コースなどは基本的にありません。自分の都合で選ぶことはできませんし、欠席した場合の振替講座をなかなか受けられない場合もあります。

こんな人は無料特待生制度を活用する方法も検討を!

ハローワークの職業訓練は、失業保険の給付制限期間にいる人や職業訓練受講給付金の受給対象者の場合はメリットがありますが、それ以外の場合は手間もかかりますし、講座に制限も多いため、デメリットが大きくなるといえるでしょう。

早く着実に初任者研修を終えて資格を取得したい人や、受講のスケジュールを自由に設定したい人、予定が変わりやすく振替講座を利用する可能性がある人は、民間の講座も検討してみてください。

例えばクリエ福祉アカデミーには、受講料もテキストもまとめて無料になる特待生制度があります。
約1カ月で修了できる短期コースや、土・日コースもあり、欠席した場合には他のコースで振替受講も可能なので、自分のスケジュールで研修を受けることができます。

また、受講前の面談からしっかりと就職相談にのってもらえますし、受講中も施設見学や面接対策など就職支援担当者がついてサポートしてくれるため、安心です。

いつでも問い合わせできますので、気軽に相談してみましょう。

介護士の資格について相談したい方はこちらから