◆介護現場で起こっている人手不足の実態

多くの企業や現場で人手不足に悩まされ、深刻な社会問題になっていますが、それは介護の現場でも同じように見られます。
日本は超高齢化社会となっていて、既に介護業界でも人手が足りていない状態です。
今後将来的に高齢者数が増えていった場合、サービスの維持ができなくなるだけでなく、サービス自体を受けられなくなる可能性もあります。
介護の仕事は「きつい」、「汚い」、「危険」の3Kというイメージがあり、このイメージによって働きたいと思う人も少なくなっています。
さらに、慢性的な人手不足がさらに仕事をきつくしている部分もあり、負の連鎖がこのような状態を引き起こしているのが実態です。
介護=ネガティブなイメージがあることも、人手不足に関係しています。
実際の現場ではこのような実態から人手不足が慢性していて、さらに悪化傾向に向かっていると言っても過言ではないでしょう。

◆どのような人材が求められているのか

介護の仕事では、どのような人材が求められているのでしょうか?
資格がなければ働けないと思っている方もいますが、必ずしも最初から資格が必要になることはありません。ただ、資格を持っている人材の方がより正しい介護ができるでしょう。
しかし、だからと言ってハイスペックな人材を求めていることもなく、初心者でも働ける環境が整っています。
介護の仕事を通じて相手に寄り添いたいという気持ちがあれば働けるのが、この仕事の利点です。
どうしても高度な技術や能力、また知識がないと働けないと思われがちですが、このような技術や知識は働きながら身に付けられるため、分からない状態でも働きながら覚えていけます。
相手とコミュニケーションが取れて、言われたことをきちんとこなせるなら、介護の仕事で活躍できるので、難しいと思わずに、働きたいという気持ちがあれば問題ないでしょう。

◆資格取得によってさらに活躍できる

介護の仕事や実態を知って、もっと高齢者に寄り添っていきたいなら、介護資格を取得するとさらに活躍できるでしょう。
同じ介護職でも、全員が資格保有者ではないのが実状なので、資格取得によってさらに仕事の幅が広がっていきます。
資格に関しても、現場で働きながら取得できるものばかりなので、現場で学んだことを活かして活躍してみましょう。

介護士の資格について相談したい方はこちらから