◆看護師が介護士として再就職するメリット

看護の仕事をしていて、退職後に介護士として働きたいと思っている場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?

・入居者を支えることができる
看護の仕事は基本的に医療がメインとなり、介護の仕事は生活の援助が主な仕事です。
そのため、看護の現場では相手を回復させるための治療がメインとなりますが、介護の現場では入居者を支えながら穏やかな時間を共有しながら働けるでしょう。

・相手に寄り添ったケアが可能
介護士として働く場合、相手の健康管理を中心に行い、より快適に生活を送るためにはどうやって暮らしていくのが最適なのか、相手を気遣って寄り添ったケアができます。
看護師で働いていた時とは違い、バタバタとした雰囲気がなく、細かい部分にまで配慮できるのも魅力でしょう。

・アットホームで楽しく働ける
介護の現場では、日常生活が快適に送れるかどうかが最優先になってきます。
看護の現場だと殺伐としがちな雰囲気ですが、和んだ雰囲気で一緒に楽しみながら働けるため、職場の雰囲気自体が異なってくるでしょう。

◆看護師資格と初任者研修資格の関係について

看護師で働いてきた方はもちろん看護師資格をお持ちであると思いますが、実は介護職員初任者研修の修了者として見なされます。 つまり、初任者研修資格よりも看護師資格の方が上位資格という位置付けになり、介護職員養成研修の「介護職員初任者研修課程」の受講が免除されることとなります。 決まりについての詳細は下記となります。

■修了者とみなされる看護師等及び実務者研修修了者の修了証明書について(東京都の場合)
介護員養成研修修了者とみなされる看護師等及び実務者研修修了者が、訪問介護の業務をするに当たり再学習のため研修を受講し、全科目修了した場合は、研修事業者が修了証明書を発行することが出来るが、一部科目のみ修了した場合は、修了証明書を発行することができない。 なお、東京都においては、当分の間、看護師の免許証及び実務者研修修了証明書をもって替えることとしており、修了証明書は発行しない。

不明点などがある場合、詳しくはクリエ福祉アカデミーまでお問い合わせください。

患者の入れ替わりが激しい病院では、なかなか人と向き合うことができなかった方も多いかもしれません。 看護師として今まで培ってきたキャリアや実技などの経験は必ず介護の現場でも活きてきます。 生活支援の幅を広げる意味で、クリエでは看護師から介護士への転職もオススメしています。

介護士の資格について相談したい方はこちらから