試験対策講座や模擬試験は受けるべき?

介護福祉士は介護の分野で唯一の国家資格です。
このため、介護福祉士の資格を取得しようと考えている人は、介護福祉士国家試験を受ける必要があります。
国家試験というと、どうやって勉強したら良いのかと、少し身構えてしまうかもしれませんが、しっかり対策をたてて臨めば心配ありません。

試験対策としてもっとも効果的なのは、試験対策講座や模擬試験を受けることです。
試験対策講座では、介護福祉士という国家資格に必要な知識を体系的に学べるだけでなく、過去の介護福祉士国家試験に関する設問の傾向を分析し、効率的な理解や解答方法などの対策をたてていくことができます。
また、模擬試験は、実際の受験に近い状態をつくることで、本番の雰囲気に慣れ、モチベーションを高めることができます。

過去問ってどうやって活用するの?

国家試験対策のポイントは、勉強時間の長さではなく、良質な問題を繰り返し解くことで反復しながら学習していくことです。
過去問は、実際に介護福祉士国家試験に出題された問題ですから、試験対策として反復学習するのに最も適しているといえます。

過去問は、次の3つのステップを繰り返し行うことで知識が定着していきます。ぜひ試してみてください。
・過去問を何も見ず自力で解いてみる
・過去問の解説や基本書を使って、正誤とその根拠を確認する
・間違ったところを正しくし、覚え直す

おすすめの試験対策方法は?

介護福祉士国家試験は年に1度のチャンスしかありません。
着実に知識を定着させて確実な成果を上げるため、試験対策講座や模擬試験の活用をおすすめします。

試験対策講座を受講していれば、過去問を解くときに、試験対策講座で紹介されている関連分野の問題集を使って学習の幅を広げたり、体系的に知識を獲得したりできます。
講師に相談することができ、ひとりで悩みがちなところも支えてもらえるため、おすすめです。
また、模擬試験を受けて現在の到達具合を確認したり、今後必要な学習内容をつかんだりすることができます。

クリエ福祉アカデミーでは、各科目で押さえるべき重要事項やよく出題されるポイントなど、介護福祉士国家試験に合格するための体系的な支援を行うため、国家試験対策講座・模擬試験を開催しています。
講座のみ、模擬試験のみの申込みも可能ですし、セットで申し込めば割引もあります。
ぜひ参加して、時間を有効に使った効果的な試験対策を行ってください。

介護士の資格について相談したい方はこちらから