◆介護ボランティアとは?

介護ボランティアは、介護者の支援を行うボランティアです。
主に外出のお手伝いや交流支援など、その内容に応じたサポートをしていきます。
必要に応じてやり方を教えてくれるので、専門的な知識や技術、経験がなくてもできるのがボランティアです。
介護を受ける人のサポートをメインとした内容だと考えておくと良いでしょう。

◆メリットは?

介護ボランティアで働くメリットにはこのようなものがあります。

・実際に働く前に現場を体験できる
・福祉への関心が高まる
・人生のプラスになる

今後介護の仕事をしたいと考えている場合や元々興味があった方は、実際にボランティアを経験することでどのような仕事なのかを体験できます。
介護は相手を世話することだと思われることもありますが、介護は世話をするのではなく、相手を心身共にサポートする仕事です。
イメージだけで何となく遠い存在に感じるかもしれませんが、ボランティアで実際に体験することで、より介護に関しての興味を深められるでしょう。
また、このような体験によって福祉に関しての関心を持つことができます。
新たな活動の範囲や可能性を広げていくためにも、ボランティアは良いきっかけになります。
他にも、ここで出会った人たちを通じて新たな価値観や経験を得られ、尊重する大切さを感じられるのも大きなメリットです。
この経験が人生においてプラスになることも多いため、かけがえのない経験ができるでしょう。

◆資格取得にも活かせる

ボランティアは、介護の資格取得を目指している場合にも役立ちます。
資格は入門的な存在の介護職員初任者研修から、プロフェッショナルな位置にあるケアマネージャーなど、様々なものがあります。
介護ボランティアを積極的に行うことで、基本的な知識や技術を学べるため、介護職員初任者研修もスムーズに習得できるでしょう。
また、現場では資格は必要ないと言われていても、どちらかといえば資格のある介護士の方が信頼できると思われてしまう場合もあります。
スムーズな資格取得のためにも、積極的にボランティアに参加してみましょう。

介護士の資格について相談したい方はこちらから